2008年10月12日

図書館が進んでる(◎o◎)

臨月のお友達と一緒にお散歩にでましたるんるん

暑さも和らいで、まだ寒くもない今はお散歩が楽しいですね(*^^)v

と言うわけで、久しぶりに図書館に行ってみました。

ウン年ぶりに行った図書館は進んでました。
(私が遅れているともいうかも・・・たらーっ(汗)

ネットで在庫情報や予約ができちゃうんですよ!
これなら家で読みたい本があるかどうか探せるし、せっかく行ったのに借りられてる〜ってショック受けることもないんですよね。
一人感動してました。

久しぶりに行った図書館は、なんかウキウキワクワク。
どれ読もうかなぁってウロウロキョロキョロ。

で、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻』
を借りてきました。

出たばかりの時はなかなか借りられなくて、そのうち忘れていった本なんですよね。

さぁ、読むぞ!!

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 携帯版

本本の内容本
魔法界のサッカー、クィディッチのワールドカップが行なわれる。ハリーたちを夢中にさせたブルガリア対アイルランドの決勝戦のあと、恐ろしい事件が起こる。そして、百年ぶりの開かれる三大魔法学校対抗試合に、ヴォルデモートが仕掛けた罠はハリーを絶体絶命の危機に陥れる。しかも、味方になってくれるはずのロンに、思いもかけない異変が。

≪ハリー・ポッターシリーズ≫
ハリー・ポッターシリーズ 吟遊詩人ビードルの物語
icon
ハリー・ポッターと賢者の石
icon
ハリー・ポッターと秘密の部屋
icon
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
icon
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上下巻
icon
ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下巻
icon
ハリー・ポッターと死の秘宝 上下
icon
ハリー・ポッターシリーズ 全7巻セット
静山社特製ハリー・ポッター豪華木製BOX
icon

次に借りようと思っているのは・・・
ララピポ
icon価格:630円

icon
icon

あの”森三中 村上知子”が結婚するきっかけとなった作品。
2009年正月映画として登場予定。

本本の内容本
みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」。対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専裏DVD女優のテープリライター他、格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長篇。下流文学の白眉。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
可愛かったので載せちゃいました。

icon
icon
smart&mini特別編集    BAPE KIDS(R) by a bahitng ape(R) 2008 WINTER COLLECTION
icon予定価格 1,890円(税込)
こちらは、A BATHING APE(R)の子供服、BAPE KIDS(R) by a bathing ape(R)の「冬の新作」を完全網羅したブランドムックです。読者モデルが着る冬スタイルや、全国スナップ選手権の結果発表など、最新のおしゃれキッズスタイルをお届けします。大好評の付録は、「BABY MILO(R)のランチボックス」と「オリジナルステッカー」。こちらも外せません。
【ランチボックスのサイズ】:たて17×よこ11.5×深さ4<各cm>
画像はランチボックスの画像です。

posted by ぴっぴ at 23:04| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隔週刊落語百選DVDコレクション

今、CMで見て欲しいなぁ〜と思っています。

でも、そろえるのは高いなぁ〜と思ってます。

個人的に出演落語家では、古今亭志ん輔さんや桂小春團治さんが好きなので部分的にでも欲しいなぁと思ってます。

かなり悩みどころです。

お金に余裕のある方、是非50号揃えてみてください。
和風DVDラックがもらえます。(これも素敵です)


隔週刊落語百選DVDコレクション全国版 2008年11月4日号
出版社名 デアゴスティーニ・ジャパン
発行間隔 隔週刊
発売日 2008年10月07日発売
サイズ A4ワイド判
価格 790円(税込)


ラベル:落語
posted by ぴっぴ at 00:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

カンブリア紀・アフターマンってご存知ですか?(私の好きなもの)

変わり者とよく言われます。

そうかもしれないと自分でも思います。

好きなものはいくつかありますが、

『カンブリア紀』と『アフターマン』と『落語』は、なかなか皆様に受け入れてもらえないのです(@_@。

それから、どうやら発想がちょっと異なるらしいので、
なぜか就職面接では笑いが起こります(こっちは真剣なのに・・・)

挙句の果てに「初めて面接で点数がつけられなかった」と言われました。(就職後の後日談)ある意味超人。

言ってる方も悪意がないからですが、「変わり者」と言われても嫌な気がしないんですよね。
今じゃ、むしろ楽しんでる感じ。

※悪意があったらかなり凹むので言わないでくださいね。

カンブリア紀
約5億4,500万年前から約5億500万年前までとされて、地球が大きな実験施設のようにいろいろな生物の可能性が試され、多様化し、生物の体制が出そろった時代。
今は見られないへんてこな生物がいっぱいいた時代。
好きになったきっかけの番組TV



アフターマン
スコットランド人の地質学者でサイエンスライターである、ドゥーガル・ディクソン(Dougal Dixon)の1981年の著作。英語の原題を日本語訳すると『人類以後 - 未来の動物学』を意味する。日本語版の副題は『人類滅亡後の地球を支配する動物世界』。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
人類が滅んだあとの地球に、新たな進化をして住んでいる動物たち。
カンブリア紀とは違った生物が進化した形を紹介している。
こちらもへんてこな生物がいっぱい。
好きになったきっかけは”みんなのうた「アフターマン」です。



面白い世界ですよ(*^^)v




posted by ぴっぴ at 10:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

逆境をチャンスに〜花畑牧場と生キャラメル〜

田中義剛さんをテレビで見なくなってからどのくらいたったでしょう?
今や年商50億円の牧場経営主ですよ。
驚きですよね。全部売れたら60億円になるらしい・・・

タレント時代も牧場経営のことは度々、話題にしていたけど、片手間の趣味程度だと思っていました。
35歳から始めた酪農、最初の10年は赤字でも芸能活動で補填できればいいと苦節15年、大成功の道が開けている。

<私がテレビをみて成功するために必要だと思ったこと>
良いものは取り入れる柔軟性とコスト意識。
(良いものは取り入れる、でも、どんぶり勘定じゃダメ。)
誰かに頼るのではなくて、自分がやってやろうという意気込み。
そして、『逆境にへこまなかったから』(義剛さんのことば)

2年前の牛乳が余って捨てる事態になったとき、農家にとっては死活問題の事態。
ここで、牛乳を使った加工食品ビジネスを広げていく。
逆境が転機となり、チャンスに変わった。

今は、さらにチーズ作りで排出される栄養価の高いホエーを豚に与えて「ホエー豚」を作ったり、豚舎もコストの安いビニールハウスで、環境にやさしいバイオベットを使用している。
生キャラメルの新しいスイーツにも挑戦している。

とにかく酪農を新しい『ビジネス』として広げているのです。

バターが品薄になっている今日この頃、今度は牛乳がなくなるだろうと義剛さんが話していました。
牛乳を買い占める(賞味期限もあるから無理な話ではあるけど)のではなく、どんどん減っていく酪農生産者に踏みとどまってもらえるような体制にしていかなければならないと思う。
大きな力は国や農協、メーカーにしかないけれど、私たち消費者の牛乳離れが追い打ちをかけてしまうのは怖いことだと思う。

排出される、今までならゴミとされるものに新しく価値を見出して広げていく。
環境問題がとり立たされている昨今では特に興味深い分野だと思う。
日常生活にゴロゴロ転がってはいないと思うけれど、それが大きな『ビジネス』チャンスに変わるかもしれない。

35歳から始めた酪農で大成功を納めている義剛さん。
それ以上に歳をとってから始めた事業で活躍された方もたくさんいらっしゃいます。(エド・はるみさんも成人式×2回だし・・・)

企業まではしなくとも何かを初めて、それで自分が幸せだと思えればそれも大成功かなと思います。

私は、今は専業主婦をやらせてもらっています。
妊娠6か月です。
子供は2人欲しいです。
でも、35歳までには再就職してもう一度一から仕事をしたいと思っています。
主婦として贅沢に時間を使ってしまうのはもったいなくて、仕事を持ちたいと思っています。働くのが好きなのは、根っからの貧乏性なんですかね・・・。
贅沢はできなくてもたまに旅行をしたり、外食したり、ショッピングをしたりできれば幸せかなと思います。

地球を救うんだ!砂漠化を止める!なんて大それた野望を抱いて農学の道を進もうとした昔。
今は、野望はないけれど、家庭菜園はやりたいなと思っています。

暗い話題が少しでもなくなる世の中に早くなるといいなぁと思います。

本義剛さんの本の紹介です。本



田中義剛の足し算経営革命 北海道発大ヒットの法則!

本の内容
もはやタレントビジネスではない。生キャラメル、カチョカヴァロ、いももち…と次々と大ヒット商品を連発。年商40億円、利益率15%の目標が見えてきた、花畑牧場の経営者・田中義剛。15年にわたる北海道・十勝での苦闘から生まれたノウハウには、沈滞する地方や企業を再生する大逆転のアイデアとヒントがぎっしり詰まっている。



田中義剛の半農半芸で何が悪いっ!?

体を張った本気で本音の面白エッセイ。北海道新聞連載「花畑通信」に大幅加筆して単行本化。


TVテレビでもあり得ないくらい長蛇の列だった生キャラメルが通販でも買えます。
かわいい花畑牧場の売り切れ続出スイーツはこちらからかわいい


posted by ぴっぴ at 13:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

ギザハマルス 島耕作

読み始めたきっかけは旦那の実家にあった数冊の本。
ハマりましたね〜。
ちょっとHハートたち(複数ハート)な場面があるから堂々と読みづらいなぁ・・・
と思っていたけど、アノしょこたん猫が小学生exclamation&questionの頃からのファンだということを知ってひらめき

読むぞ〜〜〜〜って

思いました。

ドラマで先日やりましたよね。
私は、続くものと思って水曜を楽しみにしていたのに・・・もうやだ〜(悲しい顔)
ぜひ、続編を希望です。

今、部長編読んでます。






  

  

  

  


ラベル:島耕作
posted by ぴっぴ at 11:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。